腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • ぎっくり腰になってしまった

  • 腰痛が慢性化している

  • 横になっていても腰が痛い

  • 腰を動かせる範囲が狭くなった

日本国民のおよそ3,000万人が腰痛?

腰痛の症状に悩まされたことはありませんか?
日本国民のうちおよそ3,000万人は腰痛の経験があるとされ、非常に多くの方が悩まされている症状となっています。
しかも一度腰痛になった方の多くが、腰痛の再発を経験しているのも特徴です。

腰痛にお悩みの方へおすすめのメニュー Recommend Menu

なかなか治らない腰痛の原因

腰痛は非常に慢性化しやすい症状のひとつです。

腰痛を経験した方の80%は、慢性的な腰痛に悩まされています。

 

普段の生活習慣や疲労などのはっきりしない原因による腰痛は
「非特異的腰痛」と呼ばれ、
原因の明らかな15%ほどは「特異的腰痛」といい、これらは疾患とされています。

 

 

 

非特異的腰痛に考えられる原因

その多くは、日々の負担が影響しておこる腰痛と、心理的なストレスが原因の腰痛に分けられます。

前かがみの姿勢、猫背、腰を反った状態、重い物を急に持ち上げる動作など・・・
これらの姿勢や動作は背骨や腰に大きな負担をかけます。
その負担によって椎間板の中にある「髄核」がずれてしまい、腰のだるさ、重み、痛みが生じるのです。

また、仕事でのストレスや人間関係での不安によって心理的なストレスが重なることで、痛みを押さえてくれる物質「ドパミン」と「オピオイド」の分泌が減少します。
「ドパミン」の減少は神経のバランスを保つ「セロトニン」の分泌も低下させます。
これにより自律神経が乱れ、腰痛だけでなく肩こりや頭痛、めまい・耳鳴り、動悸がするなどの症状が現れやすくなるのです。

 

疾患とされる特異的腰痛

◆椎間板ヘルニア
背骨のクッションとして機能しているのが椎間板ですが、加齢によって椎間板の外側が断裂してしまい、周囲の神経を圧迫することで痛みを引き起こすのが椎間板ヘルニアです。
腰の痛みに加えて、下半身の痛み、足の脱力感やしびれが症状として現れます。

◆骨粗鬆症
年齢を重ねることによって骨の密度が次第に低下していく症状です。
中でも椎骨は骨粗鬆症になりやすく、椎骨を骨折してしまうと背中の神経を圧迫してしまうことで腰痛を引き起こします。

◆腰部脊柱管狭窄症
主に加齢が原因となって椎骨や椎間板が変形してしまう症状です。
神経が通る脊柱管が圧迫されて狭くなってしまい、少し歩いただけでも痛みや下半身のしびれの症状が見られます。痛みが出ても、一度休むとまた歩けるようになるのが特徴です。

◆筋筋膜性腰痛
いきなり重い荷物を持ち上げたり、不自然な姿勢を取ったりすると筋筋膜性腰痛になることがあります。
急な動きや無理な姿勢が筋膜を傷つけてしまうことが原因です。
ひどいときは、ぎっくり腰になってしまうこともあります。
症状は数日で緩和しますが、強い痛みや痺れを感じることがあります。

腰の痛みを感じたら

腰の痛み、ただの疲労だろうと放置していたら痛みが強くなってしまった

ただの腰痛だと思っていたら、疾患だった!

ということもあります。

痛みが出たら早期対処で慢性化を防ぎましょう。

 

◆非特異的腰痛の場合
疾患ではない腰痛の場合には、いくつかの対処法があります。

まずは腰やその周辺を温めるのがおすすめです。
患部を温めて筋肉のこわばりを解消し、血行を促進することで痛みの緩和が期待できます。

腰のストレッチをする習慣をつけても良いでしょう。
腰周りの筋肉の緊張がほぐれ、痛みも緩和し動きも良くなります。

腹筋や背筋のトレーニングをして、筋力をつけておくのも効果的です。
腰周りの筋力をつけておくことで腰にかかる負担を軽くして、腰痛を緩和することができます。

また、仕事や作業に取り組む際など姿勢に注意しておくことをおすすめします。
腰に負担のかかりやすい前のめりな姿勢になってしまわないように意識して、イスや台の高さも調整しましょう。

◆特異性腰痛は早期治療を
疾患となっている特異性腰痛の場合は早期に医療機関で診てもらい、接骨院でのリハビリをおすすめします。
腰の痛みや違和感を感じたらまずお近くの接骨院、または専門医に相談しましょう。

協栄接骨院腰痛に対するアプローチ

腰痛には様々な症状があります。
急性腰痛から慢性腰痛、椎間板ヘルニアや加齢や変性に伴う腰椎の狭小化、すべり症に長時間のデスクワークから胸椎の後弯が強くなり、バランスを取るために腰が反って痛くなるなど、腰の痛みの原因は本当に様々です。

当院ではまず、普段の姿勢や職業、運動歴や既往歴など、問診時に聴取した上で物理療法や手技療法、鍼灸施術を行っています。

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:協栄接骨院
住所〒169-0072 東京都新宿区大久保1丁目6−11
最寄:副都心線 東新宿駅・JR山手線新大久保駅より 徒歩7分
駐車場:当院の近隣にコインパーキングがあります。
                                                                                           
診療時間
9:00〜
20:00
(最終受付19:30)
9:00~
17:00
(※祝日も同様)